読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#tap で任意の戻り値を返す

以前も書いたような気がしますが、#tap で任意の戻り値を返したい場合は break を使用します。

# #tap は通常自身を返す
p 10.tap { |myself|
    myself + 32
}
# => 10

# #tap で戻り値を返したい場合は break を使用する
p 10.tap { |myself|
    break myself + 32
}
# => 42

#tap は使い方を覚えておきたいですなあ。